腰は上半身を支える重要な部位です。悪化させると普通に歩くことさえ困難になります。

対策しないと慢性化する

坐骨神経痛のリスク

たかが腰痛、されど腰痛ですが症状を長い間放置すると坐骨神経痛になりますよ。主な症状は腰から足に存在する坐骨神経の圧迫による痛みとしびれです。高齢者に多くみられる病の一つです。

椎間板ヘルニア

腰痛を引き起こす元凶に椎間板ヘルニアがありますが、風邪や花粉症を患っている人は注意が必要です。咳やくしゃみをしただけで激痛が走り、普通に生活を送るのが難しくなります。

EDの原因になる

腰痛がひどくなると性的欲求が湧かなくなり、EDに発展することも少なくありません。また、性行為をすることで腰痛が悪化するのでは?と懸念し、避けてしまうこともあります。

うつ病との因果関係

腰がうまく使えないと生活水準が下がるので活動能力が低下します。そうすると精神的に病みやすくなるのでうつ病に発展する確率が高くなります。ある研究では半年以上腰痛が続くと5割がうつ病を発症するというデータも出ています。